不動産投資、不動産物件情報ポータルサイトk81.jp !あなたの不動産に関する不動産物件情報ポータルサイト!

TOP > 不動産投資について

住宅ローンが払えなければ直ぐに競売?


住宅ローンを払えなければ、すぐに借金取りが来て、競売にかけられる!
そんなことを思っている方は、もうおられないかと思いますが、実際にはこれに近い考えの方が多くいらっしゃいます。

住宅ローンを返済できなくて実際に売却することを選んだ場合、売却方法には次の2つの売却方法があります。

競売と不動産投資について

上記説明でもお分かりのように、競売<不動産投資 ということ、
つまりお客様にとっては不動産投資の方がメリットが大きいということです。

 

不動産投資のメリット

 

ご相談から不動産投資成立までの流れ

 

1

2

3

4

5

6

7

 

不動産投資の費用

相談料や報酬などお客様に直接ご負担いただく費用は一切ございません。
不動産投資が成立した際の不動産売買仲介手数料についても、お客様から持出しでご負担いただくことはございません。

私たちの報酬は、債権者とのお話合いのうえで不動産投資で得られた金額の中から「不動産売買仲介手数料」として 配分される仕組みとなっています。
その上で、お客様にはお引越し代等の資金を確保することができます。

 

ご相談の時期・競売取下げ可能期間

不動産投資相談する時期は、早いほうが解決できる可能性が高くなります。

残された期間が短いほど、買ってくださる方を見つけるのが困難になるため、時間切れで競売の取下げができないケースがございます。
裁判所から「競売開始決定通知」がまだ届いていない方も、今後の返済が難しくなるかも・・・というご不安をお持ちの方は、できる限りお早い段階でご相談いただくことをおすすめ致します。
早期段階でご相談いただくことで、選択肢も可能性も広がります。

【税金、管理費でも滞納がある方】
税金(固定資産税、住民税)や、マンションの管理費や修繕積立金の滞納についても、各役所や管理組合とのお話合いを行います。全て精算しての再出発となります。
また、競売より残りの債務の回収が比較的しやすい事から、不動産投資に協力的な金融機関も増えています。
特に、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は、不動産投資に向けての手順書を作るなど、積極的に不動産投資を勧めています。
不動産投資であれば、ほとんどのケースで引越し資金を確保でき、住み続けることに成功されている方も多くいらっしゃいます。
不動産投資はお客さまの状況や金融機関によっても様々なケースがございます。
不動産投資を視野に入れてお考えの方は、少しでも早い段階でのご相談をおすすめいたします。

 

お一人で悩まず、まずはご相談ください